» リスティング広告について|株式会社オークスピード

リスティング広告について

リスティング広告とは

リスティング広告とは、Yahoo!、Googleなどの検索エンジンの検索結果画面に表示されるテキスト広告のことを指します。

さらに検索結果画面の広告だけでなく、
ニュースサイトや情報サイト、ブログ、動画サイトなど、様々なサイトに表示される、クリック課金型のテキスト広告や、バナー広告(画像広告)なども含めて「リスティング広告」と呼ぶのが一般的です。

「リスティング広告」の別名は「PPC広告」

リスティング広告は「Pay Per Click」つまり「クリックされた分だけ料金を支払う」ユニークな広告です。このことから、リスティング広告はPay Per Clickの頭文字を取って「PPC広告」とも呼ばれています。

リスティング広告の特徴は、
・「広告が表示された」だけではお金がかからない。
・「広告がクリックされた」ときに初めてお金がかかります。

つまり、ユーザーが興味を持って、能動的にクリックした場合のみ費用が発生するため、
無駄が少ない(用の無いユーザーには広告費がかからない)広告となっています。

このため大企業はもちろんのこと、
中小企業や個人レベルでも使える広告として、いまやホームページからお客様を集める手段として
外すことのできない広告となっています。

代表的なリスティング広告としては、
・ヤフー株式会社が提供する「ヤフー プロモーション広告」
・Google株式会社が提供する「Google Adwords広告」があります。

費用対効果が丸裸に

リスティング広告を出稿すると、
出稿したどのキーワードが何回検索されて、さらに何回クリックされて、
そして何人が購入してくれたのかが一目瞭然です。

Aキーワードは1受注するのに3,000円、Bキーワードは1受注するのに15,000円というように
キーワード単位で、細かくわかります。

これにより、費用対効果の高いキーワード群に広告投資配分を増やしていくことで、
利益を最大化していくことが可能になります。

リスティング広告の特徴

代表的な広告






リスティング広告の基本

リスティング広告をやるにあたって、最も重要なのは、
「コンバージョンの計測」です。

コンバージョンとは、一般的に「成約」という意味で使います。(直接的な英訳は異なります。)
あなたのホームページでお客さまにやって欲しいアクション(商品購入やお問合せ、お見積りなど)を達成した状態のことを「コンバージョン」と呼びます。

つまり、
・商品販売ページの場合は、商品購入がコンバージョン
・お問合せや見積りが目的のサイトの場合は、お問合せや見積依頼がコンバージョン

となります。

このリスティング広告では、コンバージョンを計測することが重要な基本事項です。

ではコンバージョンを計測しないで、リスティング広告を行うとどうなるのでしょう?

すると、
キーワードごとに実際にいくら広告費がかかったかわかっても、
それが利益につながったのか、損失になったのかわかりません。

先の例でいくと

これだと、実は□□□□の広告はクリックされた後、1つも成約につながっておらず、
大きな損失になっているとしても、気づくことができません。

それでは費用対効果を高めることはできません。
リスティング広告をやっても、うまくいかなかった・・・ということになってしまうでしょう。

電話注文が多いサイトなど、コンバージョンを計測できずに、
効果もわからず、なんとなくリスティング広告を続けていることがよくありますが、
100%正確な計測は難しくとも(費用をかければ可能ですが)
「代替指標」によるコンバージョン計測という方法で計測していくのがおすすめです。

採用情報
Scroll Up